【カラミ】美人秘書に常務の邪悪な牙がむく!堕ちた秘書に救いの手が差し込むが・・・・。唯一の光でさえ、薄っすらと消え行く。陵辱と言う言葉とともに。