シリーズ 同僚の妻は雌豚の香りの作品 (合計2本)

JADE

【カラミ】同僚の妻は雌豚の香り 篠崎かんな

夫の同僚とカラダの関係をもつかんな。しかしただのカラダの関係ではなく「人間と豚」という主従関係で調教されているのだった。この日もかんなの夫に職場でパワハラされた男がやってくる。そこには麻縄で身動きできないかんながローターを肉壺に仕込まれ股間を濡らし拘束されていたのだった。朝、新品の乾電池に入れ替えたそのローターは電池残量が少なくなったのか、動きが鈍く、かんなが何回も昇天した証の愛液がパンツに染み付いていた。男は職場での腹いせに今日もかんなを玩具扱い、家畜豚扱いしイラマや玩具責めをして発散するのだった。そこへもう一人、かんなの夫を恨む別の社員が現れる。汗だくの脇の下を舐めさせたりアナルを舐めさせ、彼女の夫への復讐が始まる。避妊具もつけずにかんなの肉壺へ腰を沈め二本の肉棒で代わる代わる膣奥を責めたてると、溜めに溜めた精液が彼女の豊満なGカップと汗ばむ顔に放たれたのだった…。

JADE

【カラミ】同僚の妻は雌豚の香り 赤瀬尚子

会社での夫の態度が酷ければ酷いほど、同僚の男からの責めが激しくなる。この日も尚子の夫の指示により休日出勤をした男だが、その仕事内容をボロカスに言われ苛立つ男。帰宅早々に男宅で緊縛監禁されていた尚子にイラマで1発こってりした濃いザーメンを飲ませる。「私の夫がすみません」と何度も謝るものの男からのイラマや玩具責めは止むことが無い。今日もこれから男の責めを複雑な気持ちで受け止めるのだった。