シリーズ 女子校生飼育・侵犯の作品 (合計16本)

JADE

【レイプ】女子校生飼育・侵犯15

制服姿の少女と男。すれ違ったのは神様の気まぐれ。少女の後について歩き出したのは男の気まぐれ。少女の自宅を突き止めた男が少女を見守るようになるのは運命?きっかけはなんであれ男と少女の奇妙なデートが始まった。男は少女の後ろを歩き少女に話しかける。今日はさむいね。風邪引いてない?駅前に美味しいパスタ屋さんが出来たんだよ。今度一緒にいきたいね。無論、少女は5メートル後ろの出来事には気付いていない。男は妄執を募らす。もっと近くにいたい。もっと、もっと・・・。そして少女の家に侵入した男。やがて帰宅する少女。もっと近くにいたい。少女の背後から忍び寄った男は少女に飛び掛りこれ以上は無いくらいの近い距離に重なる。

JADE

【レイプ】女子校生飼育・侵犯16

春の訪れは人々にコートの存在を忘れさせ自然と浮かぶ楽しげな表情によって迎えられていた。さすがに夜はまだ肌寒い。足早に帰路に着く人々の中に制服姿の少女。凛とした出で立ちは暗闇の中で光を放つかのように目を引く。すれ違った男も少女の眩いばかりの存在感に魂を奪われ呆けたように少女の後姿を見ていた。我に返る男。気がつくと少女の後をつけ、自宅に入っていく後姿を目に焼き付けていた。愛とも恋とも違う何か。男は憑かれたように少女を求めた。幾日も幾日も少女を尾行し、視姦し、欲情した。部屋へ侵入するのにも躊躇は無かった。少女の帰宅した家に入り込んだ男は少女と同じ空気を吸い、少女と同じ時間を共有し、少女を押し倒した。

JADE

【レイプ】女子校生飼育・侵犯14

夜。アーケードを行きかう人々。その中に男と少女がいた。男は駅へ向かい、少女は帰宅する途中。一瞬の交差は偶然。男と少女の運命が交わったのは必然。男の足は自然と少女の後をつける。少女が一軒の家の玄関に消えていくまで。次の日、男は依然として少女見ている。次の日も、次の日も。そして審判の日。帰宅した少女は憮然とする。何かがおかしい。誰かこの家にいるの?釈然としないまま少女は部屋に戻る。自分の部屋とは思えない違和感を感じながら。突然何かが飛び出して少女を押し倒す。少女は自分の身に起きている事を理解し愕然とする。湧き上がる恐怖と嫌悪感に悲鳴を上げたとき、まだ陰毛も生えていない幼い性器に男根が突き刺される。

JADE

【カラミ】女子校生飼育・侵犯13

早く家に帰りたかった。すれ違った男が自分の事をじっと見つめ、自分の後を付けて歩き出したことなんて気付くわけが無い。今思えばおかしな気配がしてたような気もする。その日から部屋にいるときも、シャワーを浴びているときも、学校に行くときも誰かに見られているような・・・。友達には鈍いってよく言われてる。同じ電車に乗ってる男の人に告白されたときもその人のこと知らなかったし。だから、家に帰ったときも何かが違う気がしたけど気にしなかった。携帯に変なメールが来たときも友達の悪戯だって思った。おかしなこと全部気のせいだって思ってた。でも・・・。あなた誰?全然わからない・・・。そもそも私、何であなたに犯されてるの?

JADE

【カラミ】女子校生飼育・侵犯12

傍にいたい。誰よりも何よりも少女の近くにいたい。男にとってすれ違った少女との出会いは運命だった。気がつくと後をついて歩き、少女が玄関の中に消えていくのを見送っていた。傍にいたい。男の生活は少女を中心に回り始める。通学する少女、買い物をする少女、部屋で着替える少女、入浴する少女・・・。いつも近くにいた。男と少女は壁一枚を隔てて生活を共にしていた。もっとも男の存在を少女は知ることは無かったのだが。男はもっと少女に近づきたかった。だから家に侵入し少女の部屋に足を踏み入れたのは当然の行動。これで少女に近づいた。男は少女の部屋で考える。もっと近づきたい、もっと・・・。そして男は帰宅した少女と一つになる。

JADE

【レイプ】女子校生飼育・侵犯11

早く家に帰りたかった。すれ違った男が自分の事をじっと見つめ、自分の後を付けて歩き出したことなんて気付くわけが無い。今思えばおかしな気配がしてたような気もする。その日から部屋にいるときも、シャワーを浴びているときも、学校に行くときも誰かに見られているような・・・。友達には鈍いってよく言われてる。同じ電車に乗ってる男の人に告白されたときもその人のこと知らなかったし。だから、家に帰ったときも何かが違う気がしたけど気にしなかった。携帯に変なメールが来たときも友達の悪戯だって思った。おかしなこと全部気のせいだって思ってた。でも・・・。あなた誰?全然わからない・・・。そもそも私、何であなたに犯されてるの?

JADE

【レイプ】女子校生飼育・侵犯10

前日から降り続ける雨は駅前を行交う人の足を速める。傘をさした制服姿の少女も例外ではなく俯きがちに男の横を通り過ぎる。もちろん、一日に何十人とすれ違う人間の顔なんて見ていないし、ましてや覚えている訳が無い。それでも男は自分と少女の出会いが運命であることを疑わなかった。男は考える。自分にとってそうであったように、君にとっても運命だよね?男は少女を見守る。優しく、優しく、一方的に。嬉しいでしょ?幸せでしょ?運命の相手にこんなに想われて・・・僕は君が好き。君も僕が好きだよね?男は少女の傍に行く為に家に侵入する。だって近くにいたいでしょ?男は後ろから少女に近づき押し倒す。だって君だって結ばれたいんだよね?

JADE

【レイプ】女子校生飼育・侵犯09

駅前は静寂が訪れるのを待っていた。夜である。最終電車に乗り遅れまいとする人々の影がまばらに見える。制服姿の少女は足早に歩道橋を渡り家路につこうとしていた。少女は気付かなかった。一人の男が自分とすれ違った後、じっとこちらを見ていることに。少女は知らなかった。男が自分の後をつけ自宅の位置を確認したことを。少女にはわからなかった。自分の運命を理不尽に踏みにじろうとしているモノの存在に。少女は見ていなかった。遅刻寸前で慌てて家を飛び出したので鞄に入れたはずの鍵を落とし、それを男がそっと拾い上げたことを。

JADE

【レイプ】女子校生飼育・侵犯07

すでに夜。住宅街を走る線路の小さな駅から人込みに紛れ家路に着く制服の少女。偶然・・・。一人の男とすれ違ったことは少女の記憶の片隅にもない。必然・・・。一人の少女とすれ違ったことは男の記憶を一瞬にして埋め尽くす。少女の後をついていき、家を突き止めた男は考える。少女との楽しい未来を。一方的な感情を向けられた少女は気付かない。男に自分の未来を変えられつつあることに。男は知る。恵まれた家庭に育ち、有数の進学校に通い、今日、両親がいない事を。辺りを見回し誰もいない家に侵入する男。風呂場、トイレ、少女の部屋・・・。

JADE

【レイプ】女子校生飼育・侵犯08

踏み切り。その日は雨が降っていた。制服姿の少女は目の前を電車が通り過ぎるのを待っている。踏切が上がる。一斉に歩き出す人々。少女も自宅への道を急ぐ。途中すれ違った一人の男が自分の後をついてきていることに気付いていない。自分の家を男に知られた時点で少女の運命は決まった。翌日から毎日のように男に観察される少女。通学、買い物・・・少女に一人の時間はなかった。常に監視され視姦されていることを少女は知らない。必然。男は少女の自宅に侵入する。風呂場を、トイレを、部屋を・・・少女のかすかな温もりを求め徘徊する男。

JADE

【レイプ】女子校生飼育・侵犯06

夜。駅前の交差点。すれ違う一組の男女。瞬間、薄暗い照明に照らされた制服姿の少女。凛とした表情に魅せられた男は本能に忠実に行動する。少女の後を付け家を突き止めた男。その日から少女は男の監視下に置かれる。男の欲望は日増しに歪な形になっていく。少女は自分の置かれた状況が変わりつつあることに気付いていない。男がすぐ近く、自分の家の中にすら侵入し、手を伸ばせば届く位置に存在していることにさえ。少女が最初の異変に気付いたのはしばらく後。あるはずの物が消え、あるはずない物が存在している自室。少女の焦燥は加速度的に膨らみ弾ける。振り向いた少女が見たのはただの黒い影。その影に犯された少女は影のないただの肉人形。

JADE

【レイプ】女子校生飼育・侵犯05

駅から地上へと伸びる通路。駅へ向かう人と駅から帰る人。ただすれ違うだけで交わることのない人の群れ。唯一の例外が制服を着た少女と男。その瞬間から男は少女の全てを知りたいと思い、少女の全てが欲しいと願う。偶然が生む悲劇。少女の後を付け自宅を突き止めた男は日々、少女を観察する。通学、入浴、少女の日々の生活を見ているのが男の日常の生活になる。男は日々募っていく自らの欲望を押さえられなくなり、留守宅に侵入する。まるで少女の生活に溶け込むかのように。やがて帰宅しくつろぐ少女。いつもと違う家の空気に違和感を感じながらも男の存在には気付かない。少女は男に押し倒され犯されても自分の身に何が起きたのかを理解できない。

JADE

【レイプ】女子校生飼育・侵犯04

夜。踏切り。ほんの2、3分がやけに長く感じる不思議な空間。遮断機が上がり、人の波が一斉に動き始める。歩きだした男のすぐ横をすれ違う少女。一瞬時間が止まり、緩やかに動き出す。少女の歩いていく方向に向かって。やがて少女は一軒の家に入っていく。家の外壁をなすすべも無く見上げる男。この時から男の生活は少女の生活に重なっていく…。登校、帰宅、着替え、トイレ、入浴。少女のすぐ近くに男は常にいた。やがて少女への想いを制御できなくなった男は少女の帰宅後、侵入する。少女を至近に感じる幸福。男の身勝手な想いと常軌を逸した行動をまだ知らない少女。見知らぬ男に組み敷かれ初めて危険に気付く。少女は汚され男の肉人形と化す。

JADE

【レイプ】女子校生飼育・侵犯03

理不尽で一方的で変質的な男の妄執を描く問題作「侵犯」第3作登場。地価が高騰しつづけるエリアを駅にむかって歩く男。偶然すれ違った少女。健康的で瑞々しい若い肉体。一瞬でその魅力の虜になった男は少女の後を無意識で追う。少女のいる場所、そこだけが別世界に感じられる。ショーウィンドーを覗き込み、友達と待ち合わせして喫茶店ではしゃぎ、家へと帰る少女。家を突き止めた男は侵入する。少女の温もりが感じられる家。少女との距離が縮まっていく。家族が帰宅し、やがて少女も帰ってくる。着替え、入浴、就寝。男に見られていることに気付かない少女。家の中の異変に気付いた時には男の下に組み敷かれていた。汚された少女は男の虜囚となる。

JADE

【レイプ】女子校生飼育・侵犯01

変質者―。後にこう呼ばれることになる男の異常な偏愛が呼ぶ悲劇。理不尽で一方的で変質的な男の妄執を描く問題作「侵犯」デビュー。男は少女を観察している。登下校、部屋の窓、風呂場・・・。尾行や覗きでは満足できなくなった男は少女の家に侵入する。少女の体温を近くに感じながら部屋を漁る男。部屋でくつろぐ少女はまだ何も知らない。男はそこにあってはならない異質の存在。いつしか家全体を不審な気配が覆う。少女はいつもと違う空気を感じ取り怪訝な表情を浮かべる。その存在に少女が気付いたときには、黒い影に押し倒され、踏みにじられていた。犯されいたぶられる少女。何をされるか判らない恐怖。少女は男の成すがままになっていく。

JADE

【フェチ】女子校生飼育・侵犯02

理不尽で一方的で変質的な男の妄執を描く問題作「侵犯」第二作登場。出会いは偶然。街中ですれ違った瞬間から男は少女のとりこになり、少女は男の虜にさせる運命となる。男の少女の日常を観察し続ける。男の異常な執着心は昼も夜も少女を求めエスカレートする欲望に歯止めが聞かなくなっていく。着替えや風呂場の覗きでも満足できなくなった男は少女の自宅に侵入する。少女の温もりを求め家中を徘徊する男。洗濯物や汚物を漁っているところに帰宅してくる少女。かすかな違和感を感じながらも身に迫る危険に気がつかない。押し倒され、犯されて初めて男の存在を知る。汚され自分の殻に閉じこもった少女は男の欲望の成すがままにされる人形と化す。