シリーズ 忍者の作品 (合計10本)

JADE

【ドラマ・特撮】忍者vol.06

世界征服を目論む悪の組織「闇の牙」…。その悪の組織から抜け出した女忍者零は忍術の発祥の寺、滄林寺総本山で修辿童師に師事していた。女忍者零は「闇の牙」を滅ぼす為に下山したのであった!女幹部蛇紅を追い込む零、しかし幻凶法師の呪文に苦しむ事になる。そして絶体絶命の危機にさらされるのであった。蛇紅は零を性奴隷にしようとし変態的な行為をする。絶叫しながら抵抗する零。しかし蛇紅は零の秘部を陰湿に責める。蛇紅は部下にも零の凌辱を命令するのだった。ボロボロに朽ち果てた零も餓鬼道に落とされるが…!!

JADE

【ドラマ・特撮】忍者vol.05

世界征服を目論む悪の組織「闇の牙」。その「闇の牙」を裏切ったむくいをうけ抹殺されてしまった女忍者ソリア。彼女が死んで五年の歳月が流れた後、謎の青 いマスクの女忍者が現れる!敵か味方かそれとも・・・?!「闇の牙」の忍者部隊を襲撃された幻凶法師総裁は女幹部蛇紅に謎の青いマスクの女忍者の捕獲を命 じる。蛇紅は激しい闘いの末なんとか謎の青いマスクの女忍者の捕獲に成功する。ボディーブロー責め、関節技責めにあい、苦悶の表情を浮かべる謎の青いマス クの忍者・・・。ぐったりしたところでその青いマスクを剥ぎ取ろうとするが、マスクには封印がしてあった!!幻凶法師は、女を目覚めさせれば封印が解ける 事を蛇紅に教える。カラダをいじくられ激しく抵抗する女忍者。「イヤーッ指を抜いてー」と叫ぶ女忍者の秘部に蛇紅は、怨念のこもった陰茎をぶちこむので あった!。「お願い抜いてー」と嫌がる女忍者だったが青いマスクの下で吐息をもらしてしまう・・・。レズ、レイプ、凌辱される青いマスクの女忍者・・・。 青いマスクをはがされていく女忍者は何者なのか?そして彼女も地獄の餓鬼道に落とされるのだろうか?

JADE

【フェチ】忍者1

闇の中で悪を裁く正義の女忍者である花京院瑞穂は、普段は女医としてその身を隠している。ある日、恩師である博士が悪の組織に拉致される・・・。博士を救出する為に、悪の組織のアジトに潜入するが、そこに現れた悪の忍者「空牙」との戦いに敗れてしまった女忍者「瑞穂」は陰気な地下室の中で体を縛られ恥ずかしい凌辱を受ける・・・。闇の刺客に無理矢理体をいじくられて顔をひきつらせ嫌がる女忍者に追い討ちを掛ける様に、空牙に唇、乳房、秘部を舐めまわされて悶絶する女忍者「瑞穂」・・・。それだけならばまだいいが、謎の麻薬を乳首に注射されてしまう!悲鳴をあげる女忍者は薬によって淫乱に変貌しだす、体に襲う症状に必死で抵抗するが闇に刺客に次々と犯され、恩師である博士にも姦通されてしまい身も心もボロボロにされ最大の危機をむかえる。女忍者「瑞穂」の運命は・・・。

JADE

【フェチ】忍者2

龍牙忍術の伝承者「花京院瑞穂」が悪の毒牙に掛かり倒された事を聞き付けスチュワーデスの月影ありさがフライトから駆付ける。彼女は「瑞穂」と一緒に忍術を修行し、そしてライバルでもある女忍者「ありさ」であった!月影ありさは女忍者「ありさ」に変身し「瑞穂」の仇を討ち「瑞穂」より強い事を証明するため悪のアジトへ潜入する!・・・しかし、悪の忍者「空牙」に背後から不意打ちをくらいやられてしまう。そして血と女肉に飢えた闇の獣達は「ありさ」に襲い掛かる。股ぐらにむしゃぶりつく「空牙」、体をいじくる刺客達・・・。それだけならばまだいいが、「ありさ」を待っていたのは「空牙」を造り出した狂気のドクターによる人体実験だった。阿鼻叫喚の悲鳴をあげる女忍者・・・ !その後、女忍者「ありさ」は改造手術に失敗した「空牙二号」に犯され、この世で最大の恐怖をあじわうのだった・・・。果たして龍牙忍術はこのまま滅びさってしまうのか!?

JADE

【フェチ】忍者3

女忍者「四条あすか」はOLになりすまし闇の組織に潜り込んでいた。・・・そこで彼女が見たものは忍術の師の裏切りだった。血縁の兄、そして「瑞穂」と「ありさ」まで殺された四条あすかは、仇を取る為に女忍者「アスカ」へと変身する。闇の刺客を倒し「空牙」を闘い追い詰めた「アスカ」は「空牙」が死んだ兄だと気付く。止めを刺す時に躊躇してしまった「アスカ」は、一撃で空牙に倒されてしまう。その後、激しいボディーブロー責めにあい戦意喪失してしまった女忍者「アスカ」は若い女の肉体に飢えた刺客達に凌辱されてゆく・・・。股裂き責めに狂い泣き、裂かれた秘部を「空牙」がベロベロとむしゃぶりつく・・・。それだけならばまだいいが、「アスカ」はさらに激しく恥ずかしい責め苦を味わう事になる。ボロボロになり脅える「アスカ」に再び「空牙二号」が襲い掛かる。「アスカ」が犯される様を好色な目で見つめる悪者達・・・。そして、ついに「空牙」も「アスカ」を犯し出す!・・・しかし、運命は忍者「アスカ」をまだ見捨てていなかった。