シリーズ 素人エヴァ生中出しの作品 (合計4本)

JADE

【カラミ】素人エヴァ生中出し 破2.0 真希波・●リ・イラストリアス

お役目ご苦労さま。 細身の体に似合わない豊満な乳房を揉み可憐な乳首を口に含み溶きほぐす。勃起した乳首とクリトリス…真っ赤に充血したマ●コは肉棒をヌチュヌチュ奥へ誘う。天性の名器は感度もすばらしく柔軟な肉体をくねらせ、反らし、痙攣させ絶頂汗まみれ。火照った顔でザーメン残液したたる肉棒を喉深くでしゃぶる。生まれ持つMッ気が外という環境においてもマ●コを激しく濡らし全身を駆け巡る電マの刺激がアクメに追い込む。わたしのドグマの槍をナマで挿し放つ時が来た。

JADE

【カラミ】素人エヴァ生中出し 惣流・ア●カ・ラングレー

…ねえ、キスしようか。 まだ幼さを残す彼女が苦しみに顔を歪める。それでも私は無理矢理ペニスを喉深く捩じ込む。ヨダレが糸を引き、肉棒と彼女の口にアーチを形成する。それでも彼女は私自身を拒否しない…真性のマゾが彼女のアイデンティティなのだから。何を命令しても逆らわない可愛い人形にペニスを突き挿す征服感。所構わずマゾな娘を味わい尽くす。私が言えばドコででもヒクヒク濡れる淫乱マ●コと勃起するピンク乳首。快感に耐え忍ぶ彼女を更に責め尻肉を貫く感触に酔う永遠の夏…

JADE

【カラミ】素人エヴァ生中出し 破2.0 真希波・●リ・イラストリアス

きみ…いい匂いLCLのかおりがするけど… 彼女はまだ初々しく、人目を気にする。敏感すぎる名器は肉棒を出し入れする度に痙攣する。色の薄い乳首を吸い付き、力任せに揉みしだき、その柔肉を堪能。先の尖った舌が亀頭を、裏筋を舐めあげると快感が電流となり脳天を貫く。上目遣いの彼女とお互い眼鏡越しに視線が合う。どうしてくれようか?思案していると彼女の目にマゾの光が煌めき輝く。本質を見抜いた瞬間、くびれた腰を掴みバックで貫通。反り返る腰。強気な性格の裏に隠されていたマゾ娘を喰い尽くす。

JADE

【カラミ】素人エヴァ生中出し 破2.0 綾波●イ

あなたは、死なないわ…私が守るもの 膣から溢れかえる愛液。自分の欲求をコトバに出来ない口の代わりに下の口が代弁する。極太をズブズブ挿入。発育途中だが大きい乳房がピストンに合わせ揺れる。力づく揉む。上下に、左右に…。潤んだ瞳が、よりサド心を沸かせる。天へそそり立つ肉棒は彼女を蹂躙。初めて味合う強い快感に初めての絶叫。誰にも聞かせたくない。手で口を封じ、形よい臀部を突く。一度、二度、三度…ガクガクの膝。床へ倒れ込むマゾな愛娘。何をしている?立て。まだ、倒れるには早い。